プレイ記事

ベラジョンカジノでライブカジノを実際にプレイして検証

興味はあるけど本当に海外のサイトって大丈夫?って思われる方やイカサマとかで勝てないでしょ?って思って一歩が踏み出せないという方もいるかと思い、今回は実際にプレイしたものをスクリーンショットで撮影したものを掲載していきます。

ポーカー

ポーカーは日本でも馴染み深いゲームとなっています。ベラジョンカジノでは「ライブゲーム」と言われるリアルタイムでの対戦ができるようになっているので、今回は「ライブゲーム」のテキサスポーカーをやっていきます。

ルールを簡単に説明すると、自分のカード2枚と共有カード5枚の合計7枚にて役を作っていくというものになります。カードの交換などはありません。

このライブではディーラーとのタイマン勝負となっています。

最初にベット額を決めます。今回は$0,5の最小ベットしました。

自分のカードは「K」と「8」が出ました。

共有カードの3枚が先に出されます。

「2」「K」「2」となりこの時点でツーペア確定となります。ここでレイズすることにしました。

「9」と「6」が出て自分はツーペアの状態での勝負になります。

ディーラーは「4」と「5」なので、共有カードの「2」が揃っているのでワンペアなので、プレイヤーの勝利となりました!

バカラ

バカラはランドカジノ(本場のカジノ)に行ったことのない人やギャンブルをあまり知らない人にはあまり馴染みのないゲームかもしれません。ですが、今とても人気で日本人の多くは「バカラ」をやっています。

ルールはそこまで難しくなく、時代劇にあるような「半か丁か」とやっているやつととても似ています。

「プレイヤー」と「バンカー」というものに分かれていて、最大3枚を引いてどちらが下一桁の数字が「9」に近いかを予測するものとなっています。

勝ったら賭け金が倍になるというものです。ただ「バンカー」が勝った時だけは5%をコミッションと言われる手数料を取られるようになっています。

では、「バカラ」もライブゲームがあるのでそちらでやっていきたいと思います。

赤と青で囲ってあるところは今までどちらが勝ったかを記したものになります。

赤の方は左の縦から順番に勝った方になっていて、青の方は同じものが出たら縦に切り替わったら右に記しているものをみて予測を立てます。

今回プレイヤーが伸びてきてるので、プレイヤーに$1ドル賭けてみます。

最初は2枚を引いて一度オープンします。

プレイヤー「6」、バンカー「1」です。

プレイヤー側は「6」以上の数字でスタンドとなるので、バンカーが3枚目を引きます。

バンカーの3枚目が「1~4,9,10」ならプレイヤーの勝ちとなります。「5」ならばタイ(引き分け)。「6~8」を引くと負けます。

まさかの「7」を引いてきて負けてしまいました。プレイヤーが4連勝していたのでこの波に乗れるかと思いましたが、バンカーのチカラが強く引き戻されてしまいました。

まとめ

ライブゲームで今回やったので、イカサマなどがないとわかっていただけたと思います。ギャンブルなので勝つときもあれば負ける時もあります。

リアルタイムでやっているライブゲームだからこそ自分がいくら賭けていても世界中の人も同じところや反対側に賭けているのでイカサマなんて関係ありません。

サクサクとゲームが進んでしまいますが、いかに負けを少なくするかや賭け金を多くできるかになるので、攻略法なども多数あります。オンラインカジノだからこそできる攻略法などもありますが、どこまで言ってもギャンブルです。絶対に勝つ勝負なんてものはありません。勝ったり負けたりを繰り返しながらお金が増えたり減ったりしていきます。

パチンコやスロットのように一日打ち続けていても一度も勝てないというのもありません。

極端な話ですが、賭け方によっては1勝99敗でも利益を出すことはできます。なので、楽しみながらやれるのでハマり過ぎには注意が必要です。