プレイ記事

ベラジョンで「Rise of Maya」をプレイ!

今回ベラジョンカジノでリリースされている「Rise of Maya(ライズ・オブ・マヤ)」をプレイしてみました!
どんなスロットゲームなのか気になっているプレイヤーも多いと思います。解説しながら紹介していきたいと思います。

「Rise of Maya(ライズ・オブ・マヤ)」とはどんなゲームか?

NETENT(ネットエント)社からリリースされた最新スロットゲームの「Rise of Maya(ライズ・オブ・マヤ)」をプレイして古代マヤ文明のお宝を見つけに出かけましょう!
縦3列の横5列となった「3×5」のレールになっていて「WILD」「SCATTER」を3つ以上集めることが出来れば「フリースピン」を獲得することができる仕様となっています。

最小ベット額は「0.1ドル」からプレイすることができ、最大ベット額は「150ドル」となっているため、低額でコツコツ遊びたいプレイヤーや一気にガツンと稼ぎたいプレイヤーにも遊びやすくなっています。画像のようなゲーム画面となります。真ん中をクリックするとスピンをします。上の「WILD」「SCATTER」を3つ以上集めることが出来るとフリースピンを「10回分」獲得することができます。
4つそろうと「15回分」のフリースピンを獲得でき、5つすべてにそろうことができれば「20回分」のフリースピンを獲得するようになっています。

「WILD」「SCATTER」以外にはマヤのお面のようなものが5種類あります。このお面たちと「WILD」を絡ますことが出来れば高額配当ということもあります。

「Rise of Maya(ライズ・オブ・マヤ)」を体験

プレイをしてみないとわからないためプレイをしてみました。1ドル1スピンでゲームをプレイしようとしたところ画面の左下にある「BONUS BET」という文字に気が付きました。なんだろう?と思いクリックしてみると横の炎が出てくる演出で少しびっくりしながらスピンを開始しました!

たった10回転で「SCATTER」が2つ揃いました!でも最後の2レールで揃ったのでダメだと思ったその時!なにやらちょっとした演出後「SCATTER」が出ていないレールが再スピンしてくれました。それで揃え!と思っていると1回転目で揃ったために「フリースピン」を獲得できることにはなりましたが、どうせなら「20回分」が欲しいところでしたがあえなく撃沈して「10回分」を獲得出来ました!

頑張ろうとしたときに気が付きました・・・・。2ドルベットになっている!さっき1ドルに設定したはずなのになぜ?と思い調べてみたら「BONUS BET」をクリックしているとベット金額が「×2倍」となるかわりに「SCATTER」が2つそろった状態でもう一度再スピンをしてくれるということになっているようです。

今回は「BONUS BET」をオンにしていたからフリースピンを獲得出来たもののそのまま「1ドル」ベットでスピンしていたら当たっていなかったということになります。あとから検証したところ「0.1ドル」でも「BONUS BET」をオンにすると「0.2ドル」としてスピンが出来るのでこの「BONUS BET」はオンにしておいたほうがいいでしょう!フリースピンで9ドルや10ドルをちょこちょこと稼いで40ドルくらいになりこれくらいかな?と思っていたところ「10」がたくさん揃ったのと「WILD」も絡んだことで、34ドルを獲得しました!これで70ドルに届かないくらいなので頑張って70ドルまで届けと祈っていると最終的には「84ドル」を稼ぐことが出来ました!ベット金額は2ドルなので「42倍」となる配当を得たことになります。

今回はたまたま10回転でフリースピンを獲得することが出来ましたが次もフリースピンを獲得するまで早い段階でくるのか気になったのでそのまま続行しました。ちなみにこの「Rise of Maya(ライズ・オブ・マヤ)」の還元率(RTP)は「96.12%~96.42%」となっているようです。

つぎにフリースピンを獲得したのがさきほどのフリースピンが終わった2分後で14~20回転目でした。自分でもびっくりしました。ここまで早いのはなかなかないです。とても速い!それにまた無くなっているのは20ドルでした。次はもっと稼げるかと期待したのですがとくに見せ場もなく36.5ドルを獲得しました。16.5ドルが利益となるので悪くはないです。

再び続行したこれ以上の見せ場を探しました。30回転ほどまわして50ドルを失ったときくらいに「SCATTER」が2つ揃いました!また再スピンで当たると確信していたら再スピンでも当たらずそのまま流れてしまいました。
これ以上は無理だと思い辞めることにしました。2回フリースピンを獲得出来たので最終は30ドルくらいプラスとなりました。

「Rise of Maya(ライズ・オブ・マヤ)」のまとめ

今回20分ほどしかまわしていませんが当たりがこれだけ来てくれるとやはり楽しいです。今回はたまたまということでしょうがそれでも初めてプレイしたゲームでそれが当たるとまた次もプレイしようという気持ちになりました。